いわし味付(HOKO)の缶詰はいわし本来の旨味を大切に頭と尻尾以外の身の部分(約70g)を丸大豆しょうゆで味付けした

いわし味付(HOKO)の缶詰はいわし本来の旨味を大切に頭と尻尾以外の身の部分(約70g)を丸大豆しょうゆで味付けした

いわし味付(HOKO)の缶詰をいただきました。いわしの缶詰は各社から出ていますが、本製品は、いわし本来の旨味を大切に、頭と尻尾以外の身の部分(約70g)を丸大豆しょうゆで味付けしています。手軽に魚の栄養を摂取したい時にピッタリの便利食です。

HOKOとはなんだ

『いわし味付』を製造販売しているのは、株式会社宝幸という会社です。

本社は東京都品川区大崎だそうですが、青森・八戸に工場があるといいます。

2003年に、日本ハムの完全子会社になっています

ハムやソーセージの会社が、それ以外の肉製品(魚含む)を製造している会社をグループ化することによって、双方のフィールドの技術やシェアを相乗的にアップしようということなんでしょうね。

公式サイトによると同社は、1959年、さんま、鮭、鮪などの水産缶詰からスタートしました。

現在は、缶詰やふりかけ等の常温食品、乳製品、フリーズドライ、冷凍食品など、幅広く食卓ですぐにつかえる食品を扱っています。

缶詰は、さば、いわし、さんま、貝類、獣肉、まぐろ、コーン、フルーツなど、これまた幅広い。

獣肉は、サラダチキン、やきとり、鉄板焼き肉など、お酒でもご飯のおかずでも即戦力になるものぎかりです。

今回ご紹介するいわしは、日本のいわし水煮、日本のいわし梅じそ風味、日本のいわし味噌煮、日本のいわし味付、青森の正直 真いわし醤油味、オリーブオイルサーディン いわし油漬、いわし味付、いわしみそ煮、いわし味付 タイ産、いわし味噌煮 タイ産、いわし蒲焼、焼きいわし 大根おろし入り、などがラインアップされています。

缶詰で、大根おろし入りの調理済品というのは興味ありますね。

いわしの栄養価

いわしというと、庶民的で昭和の食卓に出てきそうな響きで、あまり若い人には興味がわかないかもしれませんが、比較的安価で栄養豊富な素晴らしい魚なのです。

有名なところでは、歯や骨を作るもとになるカルシウム、そのカルシウムの吸収を助けるビタミンD。

どちらも含まれていますから、これから体を作っていくお子さんにも、骨粗鬆症が気になる高齢の方にもぴったりです。

そして、魚油ではおなじみのEPAやDHAといったn-3系脂肪酸(オメガ3)が、いわしは青背の魚の中でも多く含まれているのです。

n-3系脂肪酸(オメガ3)というのは、α-リノレン酸や亜麻仁油といった「健康に良い油」で取り沙汰されています。

DHA(ドコサヘキサエン酸)は、まぐろチャーシューでも書きましたが、人間の体を作るのに不可欠な脂肪酸の一つです。

まぐろチャーシュー(焼津中央水産)は希少価値の大変高いまぐろの頭と尾を焼き上げたEPAとDHAがたっぷりのチャーシュー
まぐろチャーシュー(焼津中央水産)をご紹介します。商品名通り、まぐろの頭と尾の部分の叉焼です。サラダやラーメンなど料理の具材としての食べ方もありましたが、厚めにスライスしてマヨネーズをつけておかずでいただきました。まさに焼津の味です。

DHAには、脳の活性化にも寄与するので、認知機能の改善に効果があるともいわれています。

EPA(エイコサペンタエン酸)は、さんま煮付でも書きましたが、中性脂肪を少なくする働きがあるとされ、医薬品にも利用されています。

さんま煮付(マルハニチロ北日本)は北海道産さんまを、しょうゆ、糖みつ、塩分など家庭的な味付で一口大にカットした缶詰
さんま煮付(マルハニチロ北日本)は、北海道産さんま使用の缶詰です。しょうゆ、糖みつ、塩分などがバランスよく染み入った家庭的な味付のさんまを一口大にカットしています。さんまの高騰が話題になっている昨今、改めて価値が高まっています。

DHAにしても、EPAにしても、体内でほとんど作ることができない必須脂肪酸の一種です。

また、いわしはいうまでもなく魚ですから、豊富なタンパク質が含まれています。

よくいわれるのは、牛肉や豚肉を多く摂取するヨーロッパ人に比べて、グリーンランドイヌイットは青魚のタンパク質を摂取するが、心疾患や動脈硬化が少ないともいわれています。

食べ物と具体的な疾病の因果関係は、かんたんには断定できませんが、イヌイットの血液中に含まれるEPAが、ヨーロッパ人に比べて多いといわれているので、日常の食生活は決して侮れません。

やわらかくなった小骨もいただけます

というわけで、前置きが長くなりましたが、いわし味付(HOKO)です。

いわし味付(HOKO)

楕円の円柱状の缶詰です。

上部には、『HOKO いわしをおいしく食べよう!イワシ味付』『いわし本来の旨味を大切に、丸大豆しょうゆで味付けしました。』と記載され、バックには缶を開けた状態のいわしが描かれています。

蓋はその反対側にあります。

蓋を開けると、肉付きの良いいわしの胴体が2切れ入っています。

いわし味付(HOKO)

頭部と尾はのぞかれています。

湯煎するとなお美味しく食べることができますが、そのままでも無問題です。

いわし味付(HOKO)

缶詰の魚のよいところは、一人のおかずとして適量であることと、小骨に悩まなくていいことです。

一人暮らしで、いちいち圧力鍋を使って、いわし一匹を調理するのは大変です。

缶詰なら、蓋を開けるだけで、調理済みのものをいただくことができるのです。

さっそくいただいてみました。

いきなり小骨はありましたが、普通の焼き魚ですと、かりかりして噛み切れない骨は、まるでとろけるように食べてしまいました。

醤油で甘辛くに煮付けられており、生臭さや苦味などはもちろんありません。

いわしは、人によって好き嫌いがあるかもしれませんが、本製品ならお子さんでも高齢者でもおすすめできます。

副菜にもよりますが、1人の1食にちょうどよい量ではないでしょうか。

栄養成分と原材料

いわし味付(HOKO)の栄養成分は、熱量162kcal、たんぱく質18.3g、脂質6.8g、炭水化物7.0g、食塩相当量1.6g、カルシウム270mg、DHA923mg、EPA813mgです。

栄養成分

いわし味付(HOKO)の原材料は、いわし、しょうゆ、砂糖/ 増粘剤(グァーガム)、カラメル色素(一部に小麦・大豆含む)などとなっています。

原材料

まとめ

いわし味付(HOKO)は、肉付きのいいいわしを、丸大豆しょうゆで味付けした株式会社宝幸の商品です。

青魚特有の臭みや苦味などもなく、まれに見られる小骨もいただけますだけ味付けもいうことありません。

以上、いわし味付(HOKO)の缶詰はいわし本来の旨味を大切に頭と尻尾以外の身の部分(約70g)を丸大豆しょうゆで味付けした、でした。

レトルト食品 宝幸 惣菜 煮魚 さば さんま いわし 6種24食 詰め合わせ セット 【 送料無料 沖縄以外】 HOKO 国産 鯖 水煮 味噌煮 サンマ 味付 イワシ 梅じそ お弁当 おかず おつまみ 即席 備蓄 食料 非常食 災害 食品 勤労感謝 ギフト マスク おまけ 付 - 惣菜 味噌汁 のええもんポイント店
レトルト食品 宝幸 惣菜 煮魚 さば さんま いわし 6種24食 詰め合わせ セット 【 送料無料 沖縄以外】 HOKO 国産 鯖 水煮 味噌煮 サンマ 味付 イワシ 梅じそ お弁当 おかず おつまみ 即席 備蓄 食料 非常食 災害 食品 勤労感謝 ギフト マスク おまけ 付 – 惣菜 味噌汁 のええもんポイント店

缶詰
シェアする
わが家の超簡単おかずメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました